女性の薄毛悩み | 脱毛、薄毛、細毛・・あの頃の髪のもどる回復ポイントがあるんです!女性用育毛剤の評判や育毛サプリメントの効果は?

【美容師監修】女性の薄毛悩み | 回復ポイントはココです!

薄毛の原因

パーマやヘアカラーって脱毛の原因?

投稿日:

パーマやヘアカラー(カラーリング・毛染))って脱毛の原因?



以前にも書きましたが、私は30年以上美容師をしております。

確かに30年前と比べると
女性の薄毛・細毛は確かに増えていますね。

また直接の原因とは言い切れませんが、30年前と比べると
女性の「パーマヘアー」「ヘアカラー(カラーリング・毛染め)」も増えています。

パーマ液やヘアカラー(カラーリング)液も改良され、頭皮にダメージが「少ない」ものが増えてはいますが
やはり「頭皮に良いものでは」ありません。

薬液が頭皮に付くことで、頭皮は乾燥しやすくなります
また薬液の影響で頭皮に炎症を起こしてしまい、髪が抜けてしまう場合もあります。

健康状態であれば頭皮には適度な皮脂がバリアゾーンを作っています。
このバリアゾーンがあるので、簡単にバイ菌が毛根に侵入しないようになっています。

パーマ液やヘアカラー(カラーリング)液の影響で乾燥がひどくなると、頭皮のバリアゾーンが壊れ、毛根にバイ菌が入りやすくなってしまいます。
バイ菌が入ってしまった毛根は炎症を起こし最終的に脱毛・薄毛になってしまう場合があります。

パーマであれば、担当美容師さんにお願いして、なるべくパーマ液が頭皮に付かないようにしてもらうように頼んでみるのも良い方法です。

ヘアカラー(カラーリング)はどうしても根本に薬液がつきやすくなるので、なるべく間隔を開けるようにするのも良い方法です。
また毎回全体を染めると、毛を痛めやすいので、2~3回に一度はリタッチ(根本だけ染める)をおすすめします。

最近自宅でヘアカラー(カラーリング)をされる女性も増えています。
家庭用のヘアカラー液は美容室で使用されるものよりも短時間で染まるものも多く便利ですね。
ただプロが使用するヘアカラー液よりも刺激が強いものも多くなっているので注意が必要です。
頭皮を乾燥させてしまう場合があります。

自分の頭皮の状態は(当たり前ですが)自分では見えませんので判断ができません。
特に肌が敏感な人は美容室でプロに判断してもらってヘアカラーをされることをお勧めします。

家庭用のヘアカラー液を使用する場合は、特に毛染め後の「すすぎ」は念入りにしてください。

美容室のシャワーは圧力があり、よく薬液を落としますが、自宅のシャワーの水圧は低めですので
よく流し落とさなければ、薬液が頭皮に残りやすくなります。

薬液が(頭皮に)残ってしまうと、頭皮の乾燥また炎症の原因になります。



-薄毛の原因

Copyright© 【美容師監修】女性の薄毛悩み | 回復ポイントはココです! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.